アルコールもお菓子もうまく楽しもう

アラフォーの美容と健康

アラフォーの女性の中には、仕事が軌道に乗り始めて、後輩を誘って飲みに行く機会が多い人もいるでしょう。

 

または、ママ友や旧友と会って女子会を楽しむ人もいるのではないでしょうか。

 

お酒は少量で、たまに楽しむならいいと思いますが、遅い時間までダラダラと飲んだり、一気飲みしたりするのは健康のために良くありません。

 

特に、食欲がないからと朝ご飯を抜いてしまいがちな人はアルコールの量を少量にした方が良いでしょう。アルコールを必要以上に摂取すると、アルコール成分であるアセトアルデヒドを分解するのが飲まない人に比べて時間がかかり、血流が悪くなって朝まで体内に残るため、二日酔いで倦怠感や頭痛を起こす原因になるからです。

 

朝ご飯を抜くことも、やる気を起こす自律神経と繋がっている胃調の活動に繋がらず、便秘の原因になります。

 

便秘はお肌に良くありませんし、ゴールデンタイムと言われる夜10時〜深夜2時に起きていることも良くないですよね。

 

また、締めにラーメンなど、しょっぱいものを食べたくなるのは、おつまみだけでは栄養が偏ってしまう為、低血糖いわゆる空腹状態になるから主食を求めるのだそうです。

 

そのため、お酒を飲む時も炭水化物は取った方が良いのです。

 

一方で、ダイエットの為に炭水化物を控える方もいますが、人はある程度の糖分を取らなければエネルギーが作られず、返ってやる気が起きないだけでなく、甘いものを我慢することでストレスとなってリバウンドになってしまうからです。

 

お菓子ばかりではなく、甘いものが食べたくなったらおにぎりにするとか、栄養がある発芽玄米にした方が満腹感を得られます。

 

健康のためにあれはダメと極端に制限すると苦しいので、少量で楽しむことが健康や美容の秘訣です。


スキンケアについて

アラフォーの美容と健康

アラフォーにもなってくると、シミやしわ、たるみ、お肌のきめが粗い、毛穴が目立つ…などお肌の悩みが色々と出てくるものですよね。
私ももちろんそういった悩みと無縁ではありません。というより、悩みだらけといったほうが正しいかも…。

 

なので、ついついそういう肌悩みに応じたクリームや美容液などのスペシャルケアばかりに目がいきがちですが、やはり基本はきっちり守らないといけない、というのは最近思い知りました。

 

どういうことかというと、美容液などをせっせとつけるよりも「保湿をしっかりする」ということのほうがずっと重要だし効果的だということです。
保湿をおろそかにしてしまうと、アラフォーのお肌はすぐに乾燥してしまいます。
そして、乾燥はあらゆる肌トラブルの元。保湿さえ手を抜かなければ、肌悩みは確実に軽減されるのです。

 

私が保湿をしっかりするためにしたのは、化粧水を高級なものからプチプラ(といっても無印ですが)のものに代えるということ。

 

歳をとってくるとどうしても「エイジングケアしなきゃ!」と、ちょっと高級な化粧水にシフトしてしまいがちですが、高いからとケチってチビチビ使ってしまっては効果が半減してしまいます。

 

それよりも、安いものをたくさん使うほうがずーっと効果的なのです!
実際私は以前はちょっと高めのブランドの化粧水を使っていましたが、無印に変えてからのほうがずーっとお肌の調子が良いのです。

 

たっぷり使うのはもちろんですが、洗顔や入浴後すぐに(時間をおかずに)つけるというのもポイントです。
ちなみに化粧水の成分には、セラミドなどの保湿成分が入っているかチェックすると良いですよ。